読みやすい文章の書き方 ライティングで注意するべき7つのポイント

読みやすい文章を書く方法 ライティングで意識する7つのポイントとは?

読みやすい文章を書く方法 ライティングで意識する7つのポイントとは?

ブログにしてもアフィリエイトサイトにしても、そのコンテンツの多くは文章から成り立っています。文章の書き方に正解など無いとは言われますが、いくつかの点を注意するだけで、誰でも一定以上のクオリティで記事を作成することは可能です。

もしライティングに自信がないと思うのであれば、これから紹介するポイントを踏まえて文章を書いてみてください。

BACK初心者でも失敗しない記事のライティング方法と効率化を考える

適切な文章の長さ

これから同じ内容の文章を並べてみますが、おそらく前者の方が読みやすいと思います。

WEBで収入を得ようと、ブログやアフィリエイトサイト運営に興味を持つ方はますます増えていいます。特に新型コロナの影響もあって、在宅ワークなどで働き方そのものが変わりつつある現在、ネット上で可能な仕事に注目が集まっています。

WEBで収入を得られる、ブログやアフィリエイトサイト運営に興味を持つ方はますます増えていいますが、それはやはりコロナの影響が大きく、在宅ワークなど働き方そのものが変わりつつある現在においては、ネット上だけで可能な仕事に注目が集まっています。

文章というのはあまり長すぎてはいけません。人がスラスラと読めるのはおおよそ40~60文字程度と言われています。長すぎる文章はどこで区切ればいいかも分かりづらく、結果として何がいいたいのかも分かりづらくなってしまうので注意が必要です。

段落を分ける(適切な改行)

また、適当な段落分けも必要となります。これも正解・不正解は無いのかもしれませんが、僕が文章を書くときは、おおよそ3~5行程度でひと段落になるようにまとめています。こちらもあまりに改行が多かったり、ひと段落中の文章が長すぎると視認性を損なって読みづらい文章になってしまいます。

今回はあくまで収益発生方法から分類していましたが、実際には広告の配置方法やサイズによってインライン広告、オーバーレイ広告、バナー広告、メール広告、テキスト広告など様々な分類方法が存在しています。

ただ、基本的には「クリックされると収益が出るものは、安定するものの単価は低く、多くのPVを集めないといけない」「成果発生しないと収益が出ないものは、単価は高いため少ないPVでも稼げる可能性がある」ということを覚えておけば問題ありません。

今回はあくまで収益発生方法から分類していましたが、実際には広告の配置方法やサイズによってインライン広告、オーバーレイ広告、バナー広告、メール広告、テキスト広告など様々な分類方法が存在しています。ただ、基本的には「クリックされると収益が出るものは、安定するものの単価は低く、多くのPVを集めないといけない」「成果発生しないと収益が出ないものは、単価は高いため少ないPVでも稼げる可能性がある」ということを覚えておけば問題ありません。

こちらを見れば一目瞭然ですよね。適切に段落分け(改行)することで読みやすい文章になります。

漢字・平仮名・カタカナのバランス

こちらも読みやすさに影響を与える要素です。出来るだけ漢字で書いた方が良いように思われがちですが、文章を書いていると、必要に応じてあえて平仮名やカタカナにしたほうがいい場面に多く出くわします。

漢字を平仮名をカタカナにすることを開く、逆に平仮名やカタカナを漢字で表現することを閉じると呼びます。前者はやわらかい印象を与え、後者は固い印象を与えますが、そういった印象以上に読みやすさも変わるので、適切に使い分けが必要です。例えば次のような場合です。

「あらかじめ」「予め」「お願いいたします」「お願い致します」「あえて」「敢えて」

文章マナーとして、副助動詞は開き、動詞や副詞は閉じるといった決まりもあるようですが、難しく考えずに読みやすいと思ったように書けば問題はありません。

また、一般的に読み方が難しいものは、あえて開いてしまう方が良い場合も多く、例えば「髑髏」「蝙蝠」のように書かれてても読みづらいだけですので、このような場合は平仮名やカタカナを優先して使うべきと言えます。(*前者はドクロ、後者はコウモリ)

表記ゆれを防ぐ

表記ゆれとは、その名前の通り一つの文章内で同じ対象の表記が異なることを指します。例えば「引っ越し」と「引越し」のようなケースです。このように違った表記が混在してしまうと、読んでいる人に違和感を覚えさせてしまいます。

ですます調など、文章の語尾を統一するのも表記ゆれを防せぐための方法であり、読み手に対していかに違和感を感じさせないような文章にすることは重要です。

難しい表現は避ける

多くの人の目に触れる文章であれば、できるだけ難しい表現は避けるべきです。意味が伝わりづらいもの、抽象的なもの、具体性の無い表現はそれだけでマイナスです。

例えばWiFiルーターの速度について書きたい場合、「1200Mbpsの超高速通信!」と書くより「自宅の光回線の10倍の速度!」と書いた方が分かり易いと思います。文章は自分のためのものではなく、読み手のためのものですので、読み手の立場に立ったライティングが必要な訳です。

例文も多用はしない

このページ内の文章でもいくつか例を挙げていますが、多用しすぎることは厳禁です。文章にはリズム感が大事であり、あまりにも例文を多用すると、読み手に面倒な文章という印象を与えかねません。そのため例文に関しては分かりづらい部分に集中的に出して、あまり使いすぎないようにします。

音読してリズム感を確認する

書いた文章は必ず読み返します。口に出す必要はありませんが、一通り文章を読み返してみて、気になる点についてはどんどん修正を行います。

読みづらいのか、それとも意図が伝わりづらいのか、文章が長すぎるのか、説明が抽象的なのか、色々と問題は出てくると思いますが、それはどれだけ文章を書いている人間であっても避けられません。ですが音読してリズムよく読める文章であることを目指して修正していけば、それは読みやすい文章になっていくはずです。

僕自身も書いた文章は2度、3度と読み返します。そして気になった部分についてはどんどん修正したり削ったりして、読みやすい文章になるように心がけています。

まとめ

今回は読みやすい文章の書き方についてまとめました。

僕自身、特に誰かに記事の書き方を習ったことも無ければ、どうやって書けばいいのかを調べたことすらありません。ですが読みやすい文章を書こうと思えば、自然にこのような点について気を付けて書くようになるかと思います。

ライティングというのはある程度の慣れが必要です。ですが、それ以上に読み返した時に違和感に気づき、それを修正できるかという能力の方が重要だったりするわけです。

いくら良い文章を書いたところで、その全てを読んでもらえるなんてことはありませんし、それは傲慢です。ただ、もしあなたの文章が誰かの目に触れた時、読みやすく、適切な情報を提供できるものであれば、それは収益という形で成果に繋がっていくでしょう。

NEXTサイト設計と作業スケジュールを設定して効率的なサイト運営を

ぬこ

アフィ歴10年以上。最高月収640万(年収2500万超)。月間4600万PV超のサイトを個人運営していましたが疲れて引退。2020年5月よりアフィ本格復帰。初月で50万超の収益発生など。猫2匹と同居中。兼業パチプロ(年200-300万前後)。コンサルや情報商材、有料noteの販売などはしていません(・ω・*)

Twitter:https://twitter.com/96nuko22
note:https://note.com/96nuko22

コメント

タイトルとURLをコピーしました